ロゴマーク

トップ便秘を学ぼう>下剤の種類

下剤の種類

下剤・便秘薬  一般的に下剤を長期服用すると癖になるといわれていますが、特に膨張性下剤の長期服用であれば、副作用などの健康被害が起こることはないと考えられています。

膨張性下剤

 食物繊維の摂取により改善が見られない場合に服用するべきです。食物繊維と同じように、腸内の水分を吸収して、便の量を増やす働きがあります。副作用としてお腹が張ってくることがあります。長期間服用しても問題はありません。便の水分量を増やすために、十分な水分補給を心がけましょう。(ふすま,車前子,メチルセルロースなど)

浸潤性下剤

 大腸で便から水分が吸収されるのを妨げる働きがあります。便の水分量を多くして、便をやわらかくします。十分な水分補給が必要です。(湿潤剤:ドキュセートなど)(塩類系:マグネシウム,リン酸塩,硫酸塩、ポリエチレングリコールなど)

刺激性下剤

 大腸に刺激を与えて、大腸の運動を活発にさせる働きがあります。一般的には8時間から12時間で作用します。(ダイオウ、センナ、アロエ、ビサコジル,ヒマシ油など)

座薬系下剤

 肛門から挿入します。即効性があり、どちらかと言うと浣腸に近い下剤です。

市販の下剤(便秘薬)

市販の下剤(便秘薬)  市販の下剤(便秘薬)をネットあるいはドラッグストアなどで購入することができます。

市販の下剤(便秘薬)についてはこちら>>

特定保健用食品と健康食品

健康食品  特定保健用食品あるいは健康食品で代用方法もあります。特定保健用食品の便秘に対する効果は実証されています。しかし健康食品の便秘に対する効果は明らかではありません。「ウィズオプレ」は便秘に対する効果が認められている特定保健用食品の一つです。

 本サイト独自の口コミ調査によると、便秘を解消する目的で利用されている健康食品には「青汁」「酵素」「オリゴ糖」「酵素」「乳酸菌」などがあります。「ふるさと青汁」は便秘に対する効果を実感したという投稿が多い青汁関連商品です。「カイテキオリゴ」は赤ちゃんも摂取していて、便秘に対する効果を実感したという投稿が多いオリゴ糖関連商品です。

ウィズオプレの口コミ調査はこちら>>
ふるさと青汁の口コミ調査はこちら>>
カイテキオリゴの口コミ調査はこちら>>
青汁の口コミ調査はこちら>>
オリゴ糖の口コミ調査はこちら>>
酵素の口コミ調査はこちら>>
乳酸菌の口コミ調査はこちら>>

ページの先頭へ