ロゴマーク

トップ赤ちゃんと子供の便秘/食事療法

食事療法

野菜  食物繊維を多く摂ることで、大腸の運動が活発になると考えられています。子供に必要な食物繊維の量は5グラムに子供の年齢を加えた数字と考えられています。例えば子供の年齢が5歳ならば、10グラム必要ということになります。専門家によってはもっと食物繊維を多く摂るべきだという意見を持っている人もいます。

水分摂取

水  一般的には一日あたりの食物繊維の摂取量に比例します。ただし乳製品は水分補給に適していません。下記に一日あたりの水分の摂取量の目安の数式を記載します。

乳製品

牛乳  子供によっては牛乳に対するアレルギーを持っています。肛門周辺がアレルギーにより刺激されたり、排泄に痛みをともなったりすると、便意を我慢してしまいます。牛乳に対するアレルギーを持つ子供の場合、牛乳の摂取を控えることで68%の子供の症状が改善しています。

 牛乳は子供の成長にとってとても重要な栄養の供給源なので、全ての便秘をわずらう子供が牛乳の摂取を控えるべきかは分かっていません。しかし便秘とともに発疹、鼻炎、あるいは気管支のケイレン、牛乳に対するIgE抗体の上昇などの所見が見られるようであれば、牛乳の摂取を控えることも考慮に入れる必要があります。牛乳の摂取を控える場合には、必ず医師に相談しましょう。

特定保健用食品と健康食品

健康食品  特定保健用食品あるいは健康食品を利用する方法もあります。特定保健用食品の便秘に対する効果は実証されています。しかし健康食品の便秘に対する効果は明らかではありません。「ウィズオプレ」は便秘に対する効果が認められている特定保健用食品の一つです。

 本サイト独自の口コミ調査によると、便秘を解消する目的で利用されている健康食品には「青汁」「酵素」「オリゴ糖」「酵素」「乳酸菌」などがあります。「ふるさと青汁」は便秘に対する効果を実感したという投稿が多い青汁関連商品です。「カイテキオリゴ」は赤ちゃんも摂取していて、便秘に対する効果を実感したという投稿が多いオリゴ糖関連商品です。

ウィズオプレの口コミ調査はこちら>>
ふるさと青汁の口コミ調査はこちら>>
カイテキオリゴの口コミ調査はこちら>>
青汁の口コミ調査はこちら>>
オリゴ糖の口コミ調査はこちら>>
酵素の口コミ調査はこちら>>
乳酸菌の口コミ調査はこちら>>

ページの先頭へ