ロゴマーク

トップ赤ちゃんと子供の便秘/下剤の服用

赤ちゃんあるいは子供の下剤(便秘薬)を選ぶポイント

 赤ちゃんあるいは子供の下剤(便秘薬)を選ぶときのポイントをやさしく解説しています。

赤ちゃんの場合

赤ちゃん  市販の下剤(便秘薬)を使用できないことが多いです。医師に相談して薬を処方してもらうか、特定保健用食品あるいは健康食品などで代用する方法もあります。特定保健用食品の便秘に対する効果は実証されています。しかし健康食品の便秘に対する効果は明らかではありません。

 本サイト独自の口コミ調査によると、便秘を解消する目的で利用されている健康食品には「青汁」「酵素」「オリゴ糖」「酵素」「乳酸菌」などがあります。「カイテキオリゴ」は赤ちゃんも摂取していて、便秘に対する効果を実感したという投稿が多いです。

カイテキオリゴの口コミ調査はこちら>>
青汁の口コミ調査はこちら>>
オリゴ糖の口コミ調査はこちら>>
酵素の口コミ調査はこちら>>
乳酸菌の口コミ調査はこちら>>

5〜7歳未満の子供の場合

子供  市販の下剤(便秘薬が)を使用できないことが多いです。医師に相談して薬を処方してもらうか、特定保健用食品あるいは健康食品などで代用する方法もあります。特定保健用食品の便秘に対する効果は実証されています。しかし健康食品の便秘に対する効果は明らかではありません。「ウィズオプレ」は便秘に対する効果が認められている特定保健用食品の一つです。

 本サイト独自の口コミ調査によると、便秘を解消する目的で利用されている健康食品には「青汁」「酵素」「オリゴ糖」「酵素」「乳酸菌」などがあります。「ふるさと青汁」は便秘に対する効果を実感したという投稿が多い青汁関連商品です。「カイテキオリゴ」は赤ちゃんも摂取していて、便秘に対する効果を実感したという投稿が多いオリゴ糖関連商品です。

ウィズオプレの口コミ調査はこちら>>
ふるさと青汁の口コミ調査はこちら>>
カイテキオリゴの口コミ調査はこちら>>
青汁の口コミ調査はこちら>>
オリゴ糖の口コミ調査はこちら>>
酵素の口コミ調査はこちら>>
乳酸菌の口コミ調査はこちら>>

7歳から11歳までの子供の場合

子供  一部の市販の下剤(便秘薬が)を使用できます。特定保健用食品あるいは健康食品などで代用する方法もあります。特定保健用食品の便秘に対する効果は実証されています。しかし健康食品の便秘に対する効果は明らかではありません。「ウィズオプレ」は便秘に対する効果が認められている特定保健用食品の一つです。

 本サイト独自の口コミ調査によると、便秘を解消する目的で利用されている健康食品には「青汁」「酵素」「オリゴ糖」「酵素」「乳酸菌」などがあります。「ふるさと青汁」は便秘に対する効果を実感したという投稿が多い青汁関連商品です。「カイテキオリゴ」は赤ちゃんも摂取していて、便秘に対する効果を実感したという投稿が多いオリゴ糖関連商品です。

市販の下剤(便秘薬)について詳しくははこちら>>
ウィズオプレの口コミ調査はこちら>>
ふるさと青汁の口コミ調査はこちら>>
カイテキオリゴの口コミ調査はこちら>>
青汁の口コミ調査はこちら>>
オリゴ糖の口コミ調査はこちら>>
酵素の口コミ調査はこちら>>
乳酸菌の口コミ調査はこちら>>

11歳以上の子供の場合

子供  市販の下剤(便秘薬が)を使用できるものが多いです。特定保健用食品あるいは健康食品などで代用する方法もあります。特定保健用食品の便秘に対する効果は実証されています。しかし健康食品の便秘に対する効果は明らかではありません。「ウィズオプレ」は便秘に対する効果が認められている特定保健用食品の一つです。

 本サイト独自の口コミ調査によると、便秘を解消する目的で利用されている健康食品には「青汁」「酵素」「オリゴ糖」「酵素」「乳酸菌」などがあります。「ふるさと青汁」は便秘に対する効果を実感したという投稿が多い青汁関連商品です。「カイテキオリゴ」は赤ちゃんも摂取していて、便秘に対する効果を実感したという投稿が多いオリゴ糖関連商品です。

市販の下剤(便秘薬)について詳しくはこちら>>
ウィズオプレの口コミ調査はこちら>>
ふるさと青汁の口コミ調査はこちら>>
カイテキオリゴの口コミ調査はこちら>>
青汁の口コミ調査はこちら>>
オリゴ糖の口コミ調査はこちら>>
酵素の口コミ調査はこちら>>
乳酸菌の口コミ調査はこちら>>

下剤を使い分けるポイント

 下剤を使い分けるためには、下剤の種類を理解する必要があります。下剤の種類について詳しくは下記のページを参照してください。

下剤の種類について詳しくははこちら>>

 膨張性下剤あるいは浸潤性下剤がやわらかい便にするためにしばしば子供の使用されます。トイレのしつけだけで便秘を解消するよりも、トイレのしつけと薬を併用するほうが早期に回復することが分かっています。

トイレのしつけについて詳しくははこちら>>

ページの先頭へ